屍を超えていく~禁スロ1カ月~ギャンブル依存症

スポンサーリンク
浪費家夫
浪費家夫

最近はやりの言葉は屍を超えていくです。

禁スロを始めて1カ月が経ちました。

あっという間でしたが、その間には何回かものすごーく行きたい気持ちになりました。

しかし!!行かなかった。

これは大きな前進。

現在私は禁スロするためにツイッターを活用してます。

行きたくなった時はTwitterで同じように頑張ってる人のツイートを見る。

支えになりますね。

勝手にフォローさせていただいている皆様と毎日勝手に勝負してます。

緊張感があった方がいい。

私は目標達成前に約束を破ったらツイッターアカウントを消す。

目標を破ったら負け。

スリップした人がいたら、フォローをそっと外して心の中で勝ち誇る。

ガッツポーズ。私は性格がもしかして悪いかもしれない。

ガッツポーズ。

10年間1カ月パチンコ、パチスロに行かなかったことがない私がついに禁スロ一か月。

確信しました。

ギャンブルは依存症はどうにもならない、医者に行くしかないという話も聞きますが

結局は自分の意思でどうにかするしかないと思ってます。

行くいかないも自分の選択次第。だって自由だもん。

360度色んな選択が出来る中で、スロットに行くのは紛れもない自分。

言い逃れ出来ない、己が悪いと。

決めたことも守れない奴はクズだと。

とことん自己嫌悪。私はとことん自己嫌悪で自分を責め

死のうとする程なやんだ事がきっかけで今回の禁スロの決意は強固なものとなりました。

今ギャンブルを止めたくて辞めれない人は、結局心の中でまあ辞めなくてもいっかーって

思ってる人です。

安易な決意表明をするから、守れなかった時に自分を責めて辛いんです。

そんな人は別に辞めなくていいと思います。

それもまた選択。

何が言いたいかっていうと

骨の髄まで腐りきったクズギャンブラーが心を改めるには

何か大きなきっかけが必要だってことです。

(主観です。不快になる方もいると思いますが)

大きなきっかけは中々無いんですけどね、、、

私の場合は人生で一番死に近づいたことでしたが、、

重度のギャンブル依存症の私が

自分の意志で目標を達成する過程をお見せしていきます。

今日もありがとうございました。

 

コメント